北海道の住宅事情

北海道の持ち家で、人気があるのは一戸建てです。

 

首都圏近郊の不動産価格を考えると、本州から移住を考えるていあなたにはかなりのお値打ち感かもしれません。

 

ちなみに北海道内で1番地価が高いのは札幌です。

 

札幌の中央区の中心部に1軒家を構えようとするならば、 土地が50坪位の家でも6,000万円以上はします。ですが、億になることはまずありません。

 

札幌市中央区以外とか、郊外にあたる江別市、石狩市になってくると、3,000万円ぐらいから土地付き一戸建て物件があります。

 

札幌近郊の分譲住宅

 

 

北海道内の人口分布は...

北海道の場合、札幌市を中心に人口も今のところは増えていっています。各ハウスメーカーも札幌に主たる拠点を置いているところがほとんどです。

 

かといって、本州の全国メジャーなハウスメーカーは決して強くありません。価格が高すぎるからです。

 

そして近年は、札幌圏の一戸建て人気が下降気味になってきています。ここ数年、札幌市は大変積雪量が多く、戸建て住宅に住む方が除雪に苦しんでいます。

 

戸建て住宅を持つ家では、毎年の除雪作業方法を検討しなければなりません。

 

  • 家庭用の除雪機を専用で1台買う
  • 雪を溶かす融雪機械を家庭に設置する
  • 電気式ロードヒーティングにする

となるため、北海道の冬場の建物維持コストというのもバカにはなりません。

 

そういった背景から高齢となってきた団塊の世代を中心に、戸建て住宅から市内中央部のマンションへの買い替えが進んでいます。

 

これは高齢者になってくるにつれ、除雪作業が大変になるからで、長年住み慣れた家を手放し、マンションに移り住む高齢者の方々が増えています。

 

 

札幌のマンションは安い?

確かに格安マンションもあります。 70u程度の3LDKでJR札幌近郊駅から徒歩15分くらいの新築物件だと、1900万円台で販売されています。

 

しかし中心部で100u4LDKあたりですと、新築分譲マンション相場は2,800円万から3,600万円です。

 

住宅の一時所得層である道民の若い夫婦に、高い物件は買えません。それは道内企業の給料が安いからです。

 

全国的な分譲住宅販売価格から言うと、確かに北海道の住宅は安いかもしれません。

 

しかしそれは安くないと売れないほど購入者の収入が低いということでもあるのです。

 

北海道で家を買う場合は、↓こんな無料サービスを利用しておけば損はしません。

 

また今持っている家を売却してから北海道へ移住するのなら、無料の一括査定サービスを利用して比較すれば損することはないでしょう。

 

とりあえず北海道の賃貸事情を知知りたいのなら、エイブルで見てみると便利です。
エイブルで北海道の賃貸情報を見る >>

 

【NEXT】
北海道での暮らしの特徴 ⇒

 

【スポンサードリンク】


関連ページ

北海道 景気
北海道の景気動向について解説しています|北海道移住応援サイト
北海道の物価情報
実際に北海道で暮らすうえで知っておきたい道内の物価について詳しく説明しています。|北海道移住応援サイト
北海道での暮らしの特徴
北海道での暮らしの特徴について詳しく説明しています。|北海道移住応援サイト
北海道の交通情報
北海道の交通事情について詳しく説明しています。|北海道移住応援サイト
北海道で仕事を探す方法
北海道で仕事を探す方法について詳しく説明しています。|北海道移住応援サイト
北海道移住生活 総括
北海道移住生活を総括して詳しく説明しています。|北海道移住応援サイト